早歩きウォーキングやり方.net » 変形性膝関節症のスーパードクター

変形性膝関節症のスーパードクター

より良い変形性膝関節症の治療をしたいと思ったとき参考になるのはメディアへの露出度と考える方は多いらしく、テレビなどで紹介された医師は全国で注目されるようになります。

それ以前から有名な医師として治療の依頼が殺到していたのが、テレビで紹介されてからはさらに治療を依頼する患者が増えて予約は常にいっぱいになっているそうです。

それだけテレビの影響力はすごいようで全国の名医を紹介するスーパードクターという番組で紹介された医師はいずれも名医として忙しい日々を送っているそうです。

そんなスーパードクターの中で変形性膝関節症の治療に携わっている医師が紹介されています。2008年に放送されたスーパードクター8で紹介された、小堀眞医師は変形性膝関節症の名医で多くの治療に長く携わっている医師です。

変形性膝関節症に関わる手術回数は年間で200件を超え、その技術力はまさに名医と呼ぶにふさわしい腕前だそうです。さらに自身の技術力の高さもさることながら後進の育成にも力を注いでおり、技術習得のための研修プログラムの作成も積極的に行っているそうです。

2010年にはスーパードクター13で巽一郎医師が出演され、これまた話題を呼びました。巽氏は同じく人工膝関節手術の名医で、通常全て取り替える膝関節を磨り減った片側のみ取り替える新しい手術法を考案し、通常の手術の場合だと20センチほど切開しなければならなかったところをわずか6センチの切開で治療を行えるようにしたため身体の負担が格段に小さくなった上、一月以上必要だった入院期間を一週間まで短縮させることに成功しました。

この二人の名医の治療を受けるために全国から患者が殺到しており予約を取るのは非常に大変だそうです。こうしたテレビ番組で紹介されている以外にも名医はいらっしゃるので手術を受ける際はそうした情報収集を行ってみるのも良いかもしれません。